突然変わるオリモノの量と臭い

私は時々オリモノの量が多くなる事があります。
大体生理の始まる1~2週間前にそうなる事がありますが、その時のオリモノの臭いが本当に嫌で悩んでいます。

いつもは下着に付着しないのに、量が多くなると生理の経血のようにどろっと一気に出てきてしまいます。
白く濁っているか若干黄色味を帯びている事があり、臭いは酸っぱいような感じの何とも言えない臭いです。
オリモノが大量に出るのも不快なのですが、そこに強烈な臭いが加わると更に気分が悪くなってしまいます。

突然変わるオリモノの量と臭い

いつもオリモノが大量に出てしまうのは突然で、そういう時は下着を汚さないようにオリモノシートを付けるようにしています。

でも仕事が忙しいとオリモノシートを交換する暇もなくて、そうすると臭いも更に強烈になってしまう事があります。風邪気味の時やストレスが溜まっている時、睡眠不足が続いた時にもオリモノが大量に出てしまったり、臭いが変になる事があるのです。

ですからなるべく健康的な生活を心がけてはいますが、それでもどうしようもない事もあります。

一番困るオリモノが臭うタイミング

オリモノが臭う事で一番嫌なのが、人と会っている時です。

仕事中は勿論の事、友達や彼氏と出かけていたりすると、ちょっとした拍子に臭う事があるのです。電車のシートに座った時、彼氏の運転する車の助手席に座った時、友達と温泉へ行った時に着替える際等、臭ってしまうのが本当に悩みです。

距離が近いと臭いが相手にも伝わっているんじゃないかとか、今臭いと思われていないかと考えてしまいます。男性はあまり臭った事がないのであまり判らないと思いますが、同じ女性だと勘がいい人ならば気づかれてしまいそうです。

臭いがするなんてとても恥ずかしいですし、一度電車に乗っていて隣に座っていた乗客が、何か臭うねと話しているのを聞いた事があり、生きた心地がしませんでした。

せっかくお洒落をして出かけていても、臭いがちょっとでもするのが判ると、途端に気分が沈んでしまいます。泊りがけの旅行へ出掛けた際も、オリモノの臭いが終始漂ってくるので、これが周りにばれていないかと落ち着きませんでした。

どうやったらこのオリモノの臭いが軽減できるのか、今の最大の悩みです。もしかしたらオリモノが臭うのは性病にかかっているせいなのかもしれない、とも思っています。でも婦人科へはまだ恥ずかしくて行けていません。

とにかくオリモノの臭いに関してインターネットで調べて、対策方法もいろいろあることを知ったので1つ1つ試していきたいと思っています。

同じようにオリモノで悩んでいる方は、こちらのサイトが参考になりました。いちど目を通しておくといいかもしれません。

参考 オリモノの臭いにバイバイ!臭いの悩み解消ナビ

自分にできる対策をおこなった上で、それでも臭いがひどいようなら産婦人科で診察を受けることをおすすめします。

オリモノの臭いを解消する消臭スプレー

どうしてデリケートゾーンは臭ってくるのか?毎日お風呂にはいってますし、下着も変えているというのに。

とくにかゆみがあるわけでもなく、かぶれている様子もないです。ただオリモノがある、オリモノが下着に付着すると臭いが出てくる気がします。

horumon

更年期にも入ってますし、ホルモンのバランスによるものかとあきらめてはいますが、臭いはなるべくならば消したいです。

臭うのが自分だけならいいのですが、臭いは子どもにも分かるようで、ひざ枕で耳掃除をしているときなど「ママ、臭〜い」と言われてしまいます。

「ああ〜、やっぱり臭っているんだな〜」と思うとくさいまま放っておくわけにはいきません。
オリモノ臭い対策を始めないと」と思うようになりました。

しかし、オリモノを止めることは出来ませんし、汚れるたびに着替えていては下着が何枚あっても足りません。

下着にオリモノが付着して臭くなるなら、付着させなければいいんだと思い、生理用ナプキンの薄いものを使用しました。生理用ナプキンが汚れるたびに取り替えていましたが、長期間つけているとかぶれてかゆみが出てしまいました。

オリモノ専用シートを購入

生理用ナプキンは止めて、オリモノ専用シートを購入しました。オリモノシートは大変薄くて便利でした。香り付きのものもあり、臭いも気になりませんでした。

ただ、あまりに薄くて小さめのオリモノシートはオリモノシートの端がデリケートゾーンの皮膚にあたりかぶれてかゆみが出てしまいました。薄くても少し長さのあるものを購入するようにしました。

汚れたら捨てればいいですし、臭いも防げているのでこの方法で臭い対策するしかないな〜と思っていました。オリモノシートも、1日何回も替えているとすぐになくなり大量に必要になります。一度にたくさん購入するのは恥ずかしいです。スプレーなら、何度も大量に購入する必要はないのにと思いました。

出来れば、デリケートゾーンの臭いに有効な消臭スプレーのようなものがあればいいな〜と思い検索してみました。

オリモノ用の消臭スプレー

すると、デリケートゾーンの消臭スプレーがいくつも出てきたので大変驚きました。
「あるじゃないか!」と思い、即購入しました。

しかし、またかぶれてしまうのはイヤだったので天然由来の成分のものを選びました。少し高いと思いましたが、デリケートゾーンに直接スプレーするのではなく、下着にスプレーすれば良いというものだったので、購入して使用してみました。

便利でとても良い製品を購入したと思いました。臭いが気になったときは、シューっとスプレーするだけです。小さいので外出時も持って行けます。一度消臭すれば長時間もつので1日1〜2回スプレーするだけです。デリケートゾーンのイヤな臭いは消臭スプレーで解消しました。

オリモノの臭いに悩んだ経験とやってみた事

二つの原因でおりものの臭いに悩んでいた事があります。

多嚢胞性卵巣

一つ目は、多嚢胞性卵巣という排卵障害で月経が正常に起こらず、月の半分程度はおりものに血が混ざり続ける事によるものでした。

血が混ざったおりものは普通のおりものと比べると匂いが強く、臭いの種類はあまり臭いが強く無い時でもさびた鉄を持った後の手の匂いのような感じで、夏場等に臭いが強くなった時は月経時と同じような感じになりました。

この事に対する対策方法は、まず病院に行ってはっきりした原因を調べ、原因が分かったところで臭いに対する対策をしました。

具体的な対策は、おりものシートを替える回数を増やし、おりものシートは無香料の物を選ぶ事です。なぜ無香料か?と言うと、香りが付いたおりものシートだったら、血の匂いと混ざって余計に不快な匂いが増長されたからです。(これには参りました・・・)生理用のナプキンには、「石鹸の香り」等の香りが付いている物が見当たらないのは、「たぶん血と混ざったら変な匂いになるからだからだろう」とその時に思いました。
血の混ざったおりものは臭いと思いますが、香りでごまかそうとするともっと臭くなるので控えて下さい。

蒸れによる臭い

murebs
もう一つは、おりものの量が多いために起こる蒸れによる臭いです。

デリケートな話なので他の人には聞いたり比較した事がありませんが、おりものでショーツがべたべたになり、キッチンと洗わないとショーツに黄色い色が付いてしまって何枚もショーツがダメになった経験があるので、人と比べるとおりものの量は多いと思います。

冬場はまだマシですが、雑菌の繁殖しやすい夏になるとおりものに雑菌が繁殖して陰部が臭くなり、不快感も増します。
不快感があって陰部が臭いので、ウォシュレットのトイレで頻繁に洗い入浴時には指を突っ込んで膣を洗って中に溜まっているおりものを出していましたが効果はありませんでした。子宮がん検診の時にその事について聞くと「指をつっこんで洗うのは膣に傷が付いて膣炎の原因になる可能性があるし、良性の菌を少なくして膣の環境を悪くする可能性があるので止めて下さい」と言われました。

性病も無く、体質的な物だと言われ、おりものの雑菌で起こる臭いに関しては、おりものシートを替える回数を増やす事以外にできる事がありませんが、デリケートゾーンの毛が多いので痒みがあり脱毛に通っていますが、「おりものが付着する毛が少なくなれば、もしかすると臭いも少なくなるかも」と期待しています。

おりものが多い原因には、性病やガン等の病気が隠されている場合があるので、一度産婦人科に相談に行ってみて下さい。

オリモノのにおいの原因は膣の自然浄化力の低下だった

私がデリケートゾーンのにおいが気になるのは大体生理の終盤くらいで、その頃っはシャワーの時、お湯のみできれいに洗っています。一時はセぺをしようしておりましたが、シャワーだけで改善できるので今は使用しておりません。

iuhiwwh

そして普段、わたしはおりもののにおいは基本的に気にならないのですが、一時、ちょっと臭うなと感じていたことがありました。

カンジダをきっかけにしてオリモノが臭うようになった

femi

ある時、長期の海外出張で東南アジアのとある国に約1か月派遣されました。すぐに医者に行ける環境ではなさそうだったので、風邪薬と頭痛薬、虫刺され用の薬、及びカンジタ用膣錠を持って行きました。そして約3週間目、カンジダに罹ってしまいました。ストレスや環境の変化でカンジダだ出ることがあると聞いていたのですぐに膣錠を挿入し、カンジダは3日ほどで治りました。

しかし、出張から戻ってきたら、いつもよりおりものが多く白く濁るようになっていました。そして、きつくはないもののにおいも感じるようになりました。また、血便もでるようになっていましたあまりにもわかりやすい変化だったので、性感染症か、何か別の最近の感染かと疑い、すぐに病院へ行きました。

病院で行った検査はカンジダその他細菌検査と性感染症検査と検便。性感染症と検便は1週間後の検査結果を待つことになりましたが、カンジダと細菌検査はその場で結果が出ました。カンジダには感染していませんが、膣にばい菌が沢山いるとのこと。これは何か性感染症に感染している可能性が高いと言われました。

その場で膣洗浄をし、自宅用の抗菌膣挿入薬を1週間分もらいました。1週間夜寝る前に挿入していたら、おりものも綺麗になり、においも完全なくなりました。そして性感染症の検査結果を聞きに再び病院に行ったら、性感染症には感染していないとのこと。

検便結果も問題なしでした。原因はストレスのたまりすぎで、膣内の浄化作用が低下していることだろうと言われました。確かに出張中はずっと汚い街を歩いていて、ホテルはまともだったものの行き届いていない部分もあり、会社の事務所も綺麗ではなく、工場も綺麗ではなかったのです。

そして食事も胃に負担がかかるものがおおく、口に合わないものもありました。それから、治安も悪く、それが一番のストレスでした。お医者さんは絶対長期出張が原因だと言われ、今後、もし出張があるならストレスが溜まらないように、もっと会社に何とかしてもらうべきだ、と言われました。

それ以来、長期出張には言っておりませんが、おりものの問題も再発していません。

おりものってなに?おりものの臭い対策とその原因について

私は生理前になると、お手洗いなどに行く度に、ムワーンとこみ上げるような、おりものの臭いに悩まされていました。

女性のみなさんなら、経験がある方多いのではないでしょうか?特に夏になると、最悪です。暑くて、デリケートゾーンも汗をかきます。汗と厚さでむれてしまい、湿気がショーツの中にこもってしまいます。スカートなどをはいているときは、臭いが外まで漏れていないか非常に心配になります。

私の場合は、生理前1週間ほど前からおりものの臭いが気になり始めるので、この期間の長さにも、悩まされていました。さらに、量が多いので、それによって臭いも強いです。

おりものの臭いの原因

tanosii

そもそも「おりもの」というのは、どういったものなのかご存知ですか?
おりものというのは、細菌が膣内を通して、身体に入ってくるのを防ぐために、分泌されています。また、排卵期には、受精の手伝いをしてくれる大切なものなんです。不快感を感じるおりものですが、大切なもので、どうしても避けることは、できないものなんですね。子宮や膣、汗腺などがまじりあっている液体がおりものです。

だから、臭いがきつい方もいらっしゃるんですよね。

おりものの臭い対策

どうにか、この生理前のおりものの臭いを少しでも抑えたいですよね。その対策方法として、わたしはいくつか実践しています。一番スタンダードなのが、おりものシート(パンティーライナー)ですよね。いろいろな種類のものが今発売されています。

非常に薄いものが多く、つけていてもほとんど違和感がありません。こまめに変える事で、臭いも防ぐことができます。ただ、かなり薄い素材のものが多い為、量が多いという方は、生理ナプキンをつけるのがおすすめです。生理用ナプキンであれば、かなりの量を吸い取ってくれるので、臭いも抑えてくれますね。

また、お手洗いの際にワッシュレットなどで、洗い流すのもいいかもしれません。ぜひ、試してみてください。おりものは、年齢によって、分泌量が違います。20代30代は、女性ホルモンの分泌がピークを迎える為におりものの量も多くなり、臭いも非常にきつくなります。その後は、少しずつおりものの量は減ってくると言われています。

個人差はありますが、臭いも量が減るにつれて、薄くなっていきます。身体にとっては、とても大切なものですが、夏場は、特に匂いが気になります。いろいろな対策をして、おりものと上手に付き合っていきたいですね。